ガストクリアウォーター、VVater社に社名変更:次世代水処理会社

post 1

VVatersの水に対するアプローチは、私たちを取り巻く世界への深い敬意に根ざしている。化学的、生物学的、フィルター、膜処理法を排除することで、VVatersのスケーラブルなテクノロジーは、多様な水源を処理するように設計されている。

テスラや スペースXの初期にイーロン・マスクを支援したチームもVVaterに投資しており、ドレイパーのような業界の大物が重要な役割を果たしている。

ヴェイターは、人工ビーチ、サーフパーク、自治体廃水、生産水、工業用プロセス水など、世界各地のさまざまな市場にサービスを提供している。 VVaterは、少量の電気を利用して微生物を破壊し、ミネラル含有量を変化させ、化学プロセスを管理し、PFASを破壊するA.L.T.E.P.と呼ばれる次世代プロセスを利用したファラディ・リアクターにより、以前は「水のテスラ」と呼ばれていた。 これにより、集中型であれ分散型であれ、VVaterは独自のアプローチで水の回収とリサイクルに注力できるようになった。 この革新的なリブランドは、効率的で持続可能な水管理の先駆者としての地位を確立しようとするヴェイターの意欲を表している。

「水は私たちの最大の統合者であり、偏見を知りません。しかし、この生命を与えるエッセンスは今日、四面楚歌の状態にあります。水源の神聖さ、水利用の静かな危機、そして静かな微生物の殺戮が、人類の健康、尊厳、希望を奪っている。VVaterは単なる次世代水処理企業ではありません。持続可能性の礎であり、全人類にとってより良い、より健康的な明日を約束するものなのです」と、VVater会長兼CEOのケビン・ガスト氏は語った。

ヴェイターは、持続可能で環境にやさしく、コスト効率の高い方法で生命を救うピュアでクリーンな水を全人類に提供することを使命としている。