...

ヴェイターはグレッグ・リー氏の最高財務責任者就任を発表

post 1

注目のCEOがVVATERに入社

ヴェイターに入社する前、グレッグはリブストロング財団のCFOを10年以上務め、その後6年間CEOとして財団を新たな高みへと導いた。 アーネスト・アンド・ヤング法律事務所での初期の勤務からテキサス大学インベストメント・マネジメント・カンパニーの財務担当上級副社長まで、多大な実績と成功を収めたグレッグは、公認会計士の資格を持ち、40年以上の経験を持つ戦略的で熟練した経営者である。

ヴェイターの会長兼CEO、ケビン・ガスト氏また、「ヴェイターの爆発的な成長と需要に対応するためには、スイスアーミーナイフのような能力を持ち、公認会計士の資格を持ち、幅広い経験を持つ経営者を加えることが最も重要でした。グレッグはそのような特性をすべて備えており、それ以上のものをもたらしてくれると、自信を持って安心して言えます。グレッグが財務・投資部門の指揮を執ることで、私たちは安定した舵取りができるだけでなく、私たちが新たな高みに到達する際に燃料効率に目を光らせることができるようになるでしょう。”

注目すべきキャリアと業績に加え、グレッグの学歴も同様に注目に値する。 テキサス大学マコームズ・ビジネス・スクールで会計学の学士号を取得し、その他の資格や認定も受けている。

グレッグ・リーは次のように述べている。「水業界の極めて重要な時期にヴェイターに加わることができて光栄です。 持続可能な水ソリューションの最前線にある企業の財務および投資の方向性をリードする機会は、非常にエキサイティングなものです。 ヴェイターの革新へのコミットメントと、世界的な水の課題に対して有意義なインパクトを与えることは、私の職業倫理や生活を変えることへの個人的な情熱と完全に一致します。 ヴェイターは夢のような経営陣と強力な取締役会を擁しており、ケビンと共に水処理の新時代を切り開くのが待ち遠しい。

VVaterについて

ベーター は米国を拠点とする次世代水処理企業で、持続可能性の礎となる「人類のための水」を提供し、より良い、より健康的な明日を約束することを目指している。 同社はまた、人工ビーチ、都市ラグーン、ウェーブプール、サーフパーク、アクアティクス、下水処理、廃水、飲料水も手がけている。

将来の見通しに関する記述

本プレスリリースには、1995年米国私募証券訴訟改革法のセーフハーバー条項に定義される「将来の見通しに関する記述」が含まれています。 将来の見通しに関する記述には、将来の結果、業績、成果を予測、予想、示唆、暗示する記述が含まれ、「確信する」、「予想する」、「期待する」、「推定する」、「意図する」、「計画する」、またはこれらに類似する意味を持つ語句が含まれますが、これらに限定されるものではありません。 将来の見通しに関する記述は、将来の業績や結果を保証するものとして読まれるべきものではなく、また、そのような業績や結果が達成される時期や時期を必ずしも正確に示すものではありません。 将来の見通しに関する記述は、現時点における予測、予想、仮定に基づくものであり、リスクや不確実性を内包するものであるため、当社の事業、戦略、または実際の結果は、将来の見通しに関する記述とは大きく異なる可能性があります。 当社は、新たな情報、将来の出来事、その他の結果にかかわらず、適用される法律で義務付けられている場合を除き、将来の見通しに関する記述を更新する意向はなく、また更新する義務を負うものでもありません。 実際の結果が将来の見通しに関する記述と大きく異なる原因となるリスクや不確実性に関する追加情報については、米国証券取引委員会(SEC)への提出書類をご参照ください。